So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

爪水虫薬チモールリキッドの特徴 [健康]

爪水虫薬クリアネイルはアメリカ製の製品です。日本製では爪水虫の治療薬はありませんでしたが、近年ちらほら出てきていますね。

特にこいつ、なめたネーミングです。




これが出てきて、本家本元のクリアネイルは検索順位からも蹴落とされてしまい。販売が見込めなくなってしまい。新商品のチモールリキッドに切り替えることになりました。

『クリアネイルショット』ですよ。ショットを足しただけ。なめトンかボケ!!

とまあ、愚痴はそれぐらいにして、薬としての効能で勝負ですね。

チモールリキッドの使用方法(特徴)は爪水虫幹部へ塗り込む方法になります。

詳しくは下記サイトにてご確認ください。治療法と基本的な塗り方が記載されてます。


爪水虫にチモールリキッド

この記事では簡単にチモールリキッドの特徴・効果・治療期間をご案内します。

まず、チモールリキッドの特徴です。

チモールリキッドはチモールというハーブの殺菌作用を抽出した塗り薬です。チモールは4000年以上前より、スパイスとして利用されて、数あるハーブの中でも最も抗菌の強いハーブとして知られています。

タンパク質を変性、凝固させることによって殺菌・消毒作用を示し、より強い殺菌作用を持つといわれています。

以下のサイトで、使用者の口コミを確認できます。


ドクターズチョイス 爪水虫対策チモールリキッド


それを読むと、使用後早い段階で効果が出ていることが分かります。自宅に居ながら患部に塗るだけで爪水虫が治るというのはうれしいですね。

普通は爪水虫の治療は皮膚科・もしくは内科に行って血液検査をしてもらい肝機能に問題がないと確認したうえで飲み薬を処方してもらい3~6ヶ月通院しながら治す方法が主流です。

しかし、この方法では多かれ少なかれ副作用があり、肝機能が弱い人、肝機能に問題がある人だけでなく、健常者であっても体質によっては副作用に見舞われます。

そのためアメリカおよびヨーロッパでは、副作用がほとんどない塗り薬による治療が主流になっています。

かつて日本では塗り薬は肝機能に問題のある人、肝機能低下の副作用を避けたい方のために使用され、いまだに爪水虫の塗り薬は認知度が低いのが現状です。

クリアネイルは塗り薬による治療が主流のアメリカで大人気の爪水虫用塗り薬でした。これがネット社会により日本に上陸すると爆発的大人気になり、模造品・不良品などの激安販売が横行し、最後は名前をパクられて消滅しました。

そのクリアネイルの後継として作られたチモールリキッドは、チモールの成分を抽出し、水虫菌のタンパク質を変性、凝固させることによって殺菌・消毒作用を示し、より強い殺菌作用を持ちます。

また、ウンデシレン酸という成分があり、これはヒマシ油から抽出された成分で、効能は皮膚表面のpH(ペーハー)を酸性にして白癬(糸状菌)が繁殖できないような環境を作り、抗菌作用や防腐作用、防臭効果があるため、水虫やいんきん治療に対して非常に効果的です。

このダブル効果がチモールリキッドの特徴です。

これを爪の先端の爪と皮膚の間と爪の上の面に塗り、爪の内部・爪の下の皮膚まで薬が浸透し、根こそぎ水虫菌を退治できるということなんです。

▼ご購入はここから▼

爪水虫にチモールリキッド




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。